スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省 EV感電防止基準を改正(レスポンス)

国交省 EV感電防止基準を改正(レスポンス)

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000031-rps-soci



国土交通省は23日、電気自動車(EV)等の感電防止のための国際基準を採用し、国内の基準を改正すると発表した。


[関連写真]


燃料電池自動車への衝突時の感電防止の要件適用や、高電圧配線の橙色被覆の義務づけなどを新たに追加し、2014年6月23日から順次適用する。



この国際基準は、日本が2007年に世界で初めて策定した基準をベースとするよう国際社会に働きかけを行ったもので、今回の国内基準改正は、一部基準が強化された部分や適用範囲が拡大された部分を反映するものだ。



また、既存車両を電気自動車に改造するコンバージョンEVが新たなビジネスとして注目を集めており、その普及が見込まれるため、コンバージョンEVについても2012年7月1日以降に改造されたものから、感電防止のための基準を適用する。



このほか、日本がすでに採用している座席ベルト、灯火器等の国際基準改定が23日から発効するため、これと整合を取るための基準改正も実施する。



《レスポンス 編集部》





【関連記事】

【新聞ウォッチ】バッテリー交換ミスで“火の車”

改造EVの安全指針を制定…電気自動車普及協議会

【井元康一郎のビフォーアフター】EVはスマートグリッド普及の道具であってはならない

【インタビュー】EVの役割とエネルギーの在り方を見つめ直すチャンス…大聖泰弘 早稲田大教授

国土交通省(国交省) 特別編集

検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
検索エンジン kensakusaku
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。